産業廃棄物、不用品処分に関する問題解決をいたします

私たちにすべてお任せください!

どんな状況でも24時間回収対応可能

土日祝日や夜間回収、狭い場所での回収、すぐに回収してほしい、分別をしていないなど…なんでもご相談ください。

面倒な手続きすべて引き受けます

廃棄物のプロが、法律に基づいて回収いたします。マニフェストもお任せください。

プロフェッショナルによる質の高いサービス

研修や勉強会を通じ、教育されたプロのスタッフが対応。高品質なサービスをご提供します。

イーアンドエムの強み

1

営業スタッフの親身なご相談

分別の仕方がわからない、ゴミの整理に人手がかかる、廃棄物処理コストをおさえたい、排出場所が汚い、こんなお悩みありませんか?営業スタッフがすぐにかけつけて相談に乗ります!

営業スタッフの親身なご相談
2

懇切丁寧な回収作業

ベテランドライバーによる回収で、綺麗な現場、綺麗なトラックを心がけています。 弊社には20年以上の経験を持つドライバーが多数所属しています。弊社トラックは常に清潔に保っていますので、安心しておまかせいただけます。

懇切丁寧な回収作業
3

廃棄物の面倒なことは全てお任せ

オフィスの机やOA機器を外に運び出すのは大変、工場で使用している大きな機械を取り外して廃棄したいなどのご要望でも、全て弊社にお任せください! 取り外しから運び出し、運搬、廃棄、事務手続きまで一気通貫でお任せいただけます。

処分費削減のためのアドバイス

産業廃棄物の回収品目

どんなものでも回収します!

金属くず 事務用品(机、椅子、ロッカー)、電化製品、ストーブ、自転車、業務用機器
金属くず
事務用品(机・椅子・ロッカー)
電化製品・ストーブ・自転車
業務用機器
廃プラスチック類 プラスチック容器、発泡スチロール、合成ゴム製品
廃プラスチック類
プラスチック容器
発泡スチロール・合成ゴム製品
ガラス・陶磁器くず グラス、食器、ガラス製品、陶器
ガラス・陶磁器くず
グラス・食器・ガラス製品・陶器
廃OA機器 デスクトップパソコン、ノートパソコン、ディスプレイ、プリンタ、コピー機
廃OA機器
パソコン(デスクトップ・ノート)
ディスプレイ・プリンタ・コピー機
廃乾電池 アルカリ、マンガン
廃乾電池
アルカリ・マンガン
廃蛍光灯 直管型、ボール型、コンパクト型
廃蛍光灯
直管型・ボール型・コンパクト型
廃家電 テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、エアコン
廃家電
テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・
洗濯機・エアコン
家電リサイクルでの処理となります。
その他の産業廃棄物も
お問い合わせください。

産業廃棄物の品目一覧

燃え殻 焼却残灰、石炭火力発電所などから発生する石炭がらなど
汚泥 工場廃水処理や物の製造工程などから排出される泥状のもの
廃油 かつ順油、洗浄用油などの不要になったもの
廃酸酸性の廃液
廃アルカリアルカリ性の廃液
廃プラスチック類 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくずなどの合成高分子系化合物
紙くず 製紙造業、製本業などの特定業種、および工作物の新築、改築(増築を含む)または除去に伴って排出されるもの
木くず 木材製造業などの特定業種、および工作物の新築、改築(増築を含む)または除去に伴って排出されるもの
繊維くず 繊維工場、および工作物の新築、改築(増築を含む)または除去に伴って排出されるもの
動物性残さ 食品製造業などの特定の業種から排出されるもの
ゴムくず天然ゴムくず
金属くず鉄、銅等の金属くず
ガラス及び陶磁器くず ガラスくず、耐火れんがくず、陶磁器くずなど
鉱さい製鉄所の炉の残さいなど
がれき類 工作物の除去に伴って生じたコンクリートの破片など
動物のふん尿畜産農業から排出されるもの
動物の死体畜産農業から排出されるもの
ばいじん類 工場の排ガスを処理して得られるばいじん
上記の18種類の産業廃棄物を処分するために処理したものコンクリート固形化物など
その他 前述した廃棄物、航行廃棄物、携帯廃棄物を除く輸入された廃棄物

このような廃棄物でお困りになったことはありませんか?

  • 電池電池
  • グリストラップグリストラップ
  • 生ごみ生ゴミ
  • 工場の大型機械工場の大型機械
  • 発泡スチロール発泡スチロール

廃棄物排出者の処理責任

排出事業者には、産業廃棄物を自らの責任において適正処理する義務があります。
  • 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下「法」という)には、「事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を、自らの責任において適正に処理しなければならない(排出事業者責任)」ことが定められています。(法第3条第1項)
  • 自ら処理することが困難な場合には、産業廃棄物処理業の許可を受けた業者に処理を委託することができます。
排出事業者が産業廃棄物の運搬または処分を他人に委託する場合は、「委託基準」に従い、収集運搬業者または処分業者それぞれと委託契約を締結しなければなりません。
  • 排出事業者は、産業廃棄物の運搬または処分を委託する場合には、「委託基準」を遵守し、自治体の許可を受けた収集運搬業者または処分業者それぞれと、事前に書面で委託契約を締結する必要があります。(法第12条第5項、第6項)
  • 排出事業者は、産業廃棄物が運搬されるまでの間、「保管基準」に従って、産業廃棄物を適正に保管しなければなりません。 (法第12条第2項)
排出事業者が収集運搬または処分を他人に委託する場合は、引き渡した産業廃棄物の処理状況を、マニフェスト(産業廃棄物管理票)を利用して管理しなければなりません。
  • 排出事業者は、マニフェストを産業廃棄物の引渡しと同時に交付して、廃棄物を厳正に管理のうえ、マニフェストを5年間保存しなければなりません。(法第12条の3)

不適正処理を行うと責任を問われることがあります!

委託基準違反

許可を受けていない業者に産業廃棄物の処理を委託した
処理業者と口頭で委託契約した、など

マニフェスト交付義務違反

マニフェストの適切な交付、保存をしていなかった、など

注意義務違反

著しく安い処理料金で委託した
委託した業者が不法投棄をしている情報を得たが、処理委託を続けた、など

産業廃棄物管理票(マニフェスト)

マニフェストとは

産業廃棄物管理票(マニフェスト)の概念図

産業廃棄物の適正な処分を確保するために、すべての産業廃棄物の委託処理(他人に処理を依頼すること)に、産業廃棄物管理票(マニフェスト)の使用が義務づけられており、マニフェストの不交付等に対しては罰則が科せられるとともに、焼却などの中間処理を委託したときは最終処分(埋立処分、再生等)の確認も義務づけされました。

マニフェストの流れ

産業廃棄物の収集・運搬・中間処理・最終処分などを処理業者に委託する場合、排出業者は処理業者へマニフェストを交付し、適切に処理が行われたことを確認することが必要です。

産業廃棄物管理票(マニフェスト)の流れ

マニフェストの書き方

産業廃棄物マニフェストの種類は大きく分けて3種類あります。

  • 「事業系マニフェスト」
  • 「建設系廃棄物マニフェスト」
  • 「積替保管用マニフェスト」

どれを使うかは、排出される産業廃棄物の種類や排出先の現場によって異なります。

お困りの際はイーアンドエムへご相談ください!

「マニフェストの書き方がわからない」「手続きが面倒」など、マニフェストでお困りの際はお気軽に弊社へご相談ください。懇切丁寧にアドバイスを行います。

業種別の回収事例

オフィスビル
オフィスビル
オフィス什器、OA機器
PC、サーバー
ホテル
ホテル
空缶・空瓶
アメニティなどの廃プラ
修繕に伴う産廃
小売店
小売店
段ボール、包装容器、廃プラ
工場
工場
動植物性残渣(生ごみ)
大型機械の搬出・処分
製造プロセスで発生する廃棄物
病院
病院
非感染性廃棄物
空き缶、古紙、機密書類
ゴミ庫の整理代行
飲食店
飲食店
厨房機器
食器、調理器具

産業廃棄物回収の流れ

回収業務は以下の流れで、面倒な部分をすべておまかせいただけます。

1

お電話・メールでご相談

お電話・メールでご相談
2

営業担当訪問

営業担当訪問
3

お見積り作成

スプレー缶以外の異物取り除き
4

ご契約手続き

ご契約手続き
5

回収業務

回収業務
6

マニフェスト交付

マニフェスト交付